5/23(月)またまた伊泉先生の『タロットのリーディングの基礎と伝統的占星術のホロスコープの読み方を学ぶ』を学びにいってきました!

5/23(月)またまた伊泉先生の『タロットのリーディングの基礎と伝統的占星術のホロスコープの読み方を学ぶ』を学びにいってきました!

タロットの講座では小アルカナの数とスート(棒などのマーク)の意味、最後に皆でリーディングを行いました。

リーディングの解説の事例で『近々お姑さんと同居しなければならないけどどうすればいいか?』という内容がありました。

真ん中のペンタクルのクィーンは質問者の姿勢
右側がソード2は質問者の状態、左側が質問者に対するアドバイスが悪魔でした。

質問者はしっかりときちんとした形を作らなければならない姿勢であり、質問者はお姑めさんとの違った価値観で穏やかではなく緊張した関係で剣で身を守る状態です。

最大の課題は異質な価値観をお互いに混ぜ合わせる状態(お姑めさんと質問者の価値観混ぜ合わせる)を変容させることです。

お互いが自分の価値観に執着していることに囚われていることを悪魔のカードが示しているそうてす。このお互いに価値観を受け入れることで新たなものが生まれていく、つまり太陽のカードへと
繋がっていくそうです。

伝統的占星術のホロスコープを読み方について、とても噛み砕いて1つ々丁寧に解説してくださいました。

前日に伝統的占星術実践にご参加頂いてた方のホロスコープを事例に解説してくださいましたのでより、理解が増されたかと思います。

ご自分のことや仕事、パートナーetc….どのようなところで活躍できるのかなど伊泉先生に解説してもらいたい方は、次回、未来予測がありますのでご検討くださぁーい♪

2016-05-27T01:10:01+00:00 2016/05/27 金曜日 |